MENU

ABOUT 学校概要

教育目標

湘南学院高等学校は、社会に貢献しリーダーシップを発揮する人材を育成するため、次のような教育を行います。

教育目標

校訓

「進まざるものは退く」

本校の創立者・白戸光久が遺した言葉です。“自らの手で自らの将来を切り拓け”という意味です。何かを与えられるのを待つ受動的な生き方に進歩はありません。立ち止まらずに、たとえ少しずつでも歩み続ける努力をすることによって、有意義な高校生活を送ってもらいたいと願っています。

教育方針

  1. 生徒・保護者からの信頼度を深め、満足度の高い学校生活を実現するために、全教職員が自己の職務の責任を自覚し、日々の自己改革と相互研鑽を欠かすことなく、情熱を持って教育活動を実践する。
  2. 生徒の伸長、教育目標実現のために、綿密な教育計画を策定して実践し、その成果と改善点を日常的かつ客観的に点検・評価することによって、教育計画を恒常的に高める。
  3. 本学院の総合的教育環境の向上・充実のために、教職員が一丸となって教育活動に取組むと共に、教育業務の合理化と改善を図り、より効果的で信頼性の高い教育を実践できる学院を創造する。

ご挨拶

~想像力と創造力~ 一人ひとりの開花、リーダーシップを発揮できる人材育成

平成25年4月、桜の開花とともに66,000㎡(横浜スタジアムの約2.5倍)の広々とした校地に移転し、種目別グラウンドと新校舎が一体化しました。

新校舎2年目となる平成26年4月1日、前長瀬校長(学院長)の後任に15代校長宇佐神が就任致しました。創立者白戸光久氏を初め、多くの諸先輩が築かれた湘南学院を更に発展できるように教職員とともに最善を尽します。

本校は、校訓「進まざるものは退く~道徳的にも、学術的にも、また体育的にも~」の基本理念のもと、「文武両道、人間性を高め、向上心をもって、人生を自らの手で切り拓ける力をつける」ことを柱に据え、生徒一人ひとりの想像力と創造力の開花を目指しています。

その実現に向けて、独自に開発した3つのプログラム
(スタディーナビ・プログレスノート・キャリアナビ)を軸に、偏りのない学力や幅広い教養を身につけ、苦手なことや、得意なことも含め、種々の分野に果敢にチャレンジさせたいと考えています。 社会に必要とされる人材育成を目指し、「真に生きる力」を養うことは、生徒個々の開花に繋がると確信しています。

生徒の皆さんには、「学んで良かった、選んで良かった」と実感できる学校、多くの皆さんからも愛される湘南学院を創造してまいります。

  • 湘南学院高等学校 学院長
    長瀬 弘
  • 湘南学院高等学校 学校長
    宇佐神 美代子
学校案内パンフ